SXDB Forum / Disc Review

 







【Abdul Rahim Ibrahim】Al Rahman! Cry Of The Floridian Tropic Son
Writer : na22          Date : 2009/09/14 12:45:09

今回はAbdul Rahim IbrahimのAl Rahman! Cry Of The Floridian Tropic Sonです。
Jazzです。

スピリチュアル・ジャズ屈指のレーベルBlack Jazzが生んだ最大のスターDoug Carn。そのDoug CarnがBlack Jazzと袂を分かった後、イスラム教に帰依し、得たイスラム名こそAbdul Rahim Ibrahim。本作は、Abdul Rahim Ibrahimとして発表した唯一にして奇跡の名盤である。

突き抜けるような高揚感に満ちたダンサブルなSide 1-1.Balancez Calindaで幕を開ける。
続くレア・グルーヴィーなファンキー・チューンSide 1-2.Suratal Ihklasを挟み訪れる甘美な世界、女性コーラスがバックで軽やかにハミングし、Abdul Rahim Ibrahimが叙情感溢れるヴォーカルを聴かせるSide 1-3.Eroniffa's Brown Birdは至高のバラード。
ソウルフルなメロー・ナンバーSide 2-1.Casbahは、ラテンのリズムとシンセ使いが、Steivie Wonderを彷彿せずにはいられない。
そして個人的に最も推したいのが続くカリビアン・ワルツSide 2-2.Tropic Sons。ピースフルな空気がそこここを包括し、Abdul Rahim Ibrahim自身のピアノ、カッティング・ギターの乾いた音色、そして女性コーラスとのユニゾンによって描かれる唯一無二のハレルヤ・ソングである。
ラストを飾るのは本作唯一の長尺曲、スピリチュアル・バラードSide 2-3.Al Rahman。しかし、15分という時間を決して恐れてはならない。神々しい音色に乗せて紡がれていく言の葉には、Abdul Rahim Ibrahimが奉げる神への真摯な祈り、自己との対話、内より放たれる創造性。その15分は、いとも容易く閾値を越え聴く者の精神を凌駕する。

変名しようと、レーベルと袂を分かとうとも、決してぶれない精神という根源から生み出された曲のどれもが眩いばかりの輝きを放つ。
それにしても、Side 2-2.Tropic Sonsの美しさたるや、信じられない程に感動的である。
na22猛烈推薦盤。

- Reviewer na22 -

Detail
Artist Abdul Rahim Ibrahim
Album Al Rahman! Cry Of The Floridian Tropic Son
Release
Genre Jazz
Track
1. Casbah
2. Tropic Sons
3. Al Rahman!
4. The Watcher
5. Eroniffa'S Brown Bird
6. Suratal Ihklas
7. Balancez Calinda

 iTunes Store(Japan)

 

« SXDB Home

Copyright © 2004 - 2012 Sampling eXhibition DataBase Project. All Rights Reserved.

Ver. 2.2.0