SXDB Forum / Disc Review

 







【Dorothy Ashby】Dorothy's Harp
Writer : na22          Date : 2007/06/08 15:22:09

今回はDorothy AshbyのDorothy's Harpです。
Jazzです。

Jazzの強烈なパッションを表現するには程遠い楽器、ハープ。
物腰が柔らかく、アドリブが取りづらいのが最大の難点とされているが、そのウィークポイントを見事逆手にとって、まんまと主役の座を射止めたパイオニア的ミュージシャン、Dorothy Ashby。
1932年8月6日(1986年4月13日死去)、多くのジャズミュージシャンを輩出しているミシガンはデトロイトに生を受けた。

始めに断っておくが、本作には捨て曲が存在しない。捨て曲という概念すら。
そしてシングルリリースを狙ってか、一曲あたりの時間は短い。
アルバムの幕開けに相応しい、1967年にGlen Campbellがリリースした1.By The Time I Get To Phoenix。最近では、LightheadedのBlink Of An Eyeや、Dorothy AshbyのOne Step Aheadでサンプリングされている。どちらも名曲。爽やかな音色がたまらない。Carpentersもカバーしている。邦題の「恋はフェニックス」は勘弁してほしい。
2.Canto De Ossanhaは私の大好きなBaden Powellをカバー。全体的に統一感がとれたアレンジが随所に施された名曲。
3.Love Is Blueは日本でもPaul Mauriatが大ヒットさせた曲。とにかく素晴らしい一曲。
そして私が一番推したいのが6.Truth Spoken Here。この曲はリチャード・エヴァンスのオリジナル曲で、とにかくクールの一言に尽きる。1:38秒辺りから掻き鳴らすハープは鳥肌モノ。必聴に値する超名曲。
Michel Legrandが1968年の映画「華麗なる賭け」でアカデミー主題歌賞を受賞した8.The Windmils Of Your Mind。うらぶられるメロディーとハープが絶妙に絡み合った、これまた名曲。
11.Fool On The Hill。御存知John LennonとPaul McCartneyの名作である。木管楽器のコミカルなアンサンブルとハープの対比が実に面白い。

本作を聴いてハープという華奢な楽器のイメージを根底から覆された。
時に流麗な旋律を奏で、時に荒々しく、時にファンキーに掻き鳴らす唯一無二の音像の中、ハープ1本で織り成す名曲の数々は、正に天上の調べ。
na22熱烈推薦盤。

- Reviewer na22 -

Detail
Artist Dorothy Ashby
Album Dorothy's Harp
Release 1969/03/01
Genre Jazz
Track
1 .Toronado
2 .Windmills of Your Mind
3 .By the Time I Get to Phoenix
4 .Love Is Blue
5 .Truth Spoken Here
6 .Just Had to Tell Somebody
7 .Fool on the Hill
8 .This Girl's in Love With You
9 .Reza
10.Canto de Ossanha
11.Cause I Need It
Dorothy Ashby's Other Works
Artist Dorothy Ashby
Album Afro-Harping
Release 1968/04
Genre Jazz
Track
1 .Soul Vibrations
2 .Games
3 .Action Line
4 .Lonely Girl
5 .Life Has Its Trials
6 .Afro-Harping
7 .Little Sunflower
8 .Valley of the Dolls (Theme)
9 .Come Live With Me
10.The Look of Love

 iTunes Store(Japan)

 

« SXDB Home

Copyright © 2004 - 2012 Sampling eXhibition DataBase Project. All Rights Reserved.

Ver. 2.2.0